508 ブライスの服づくり 袖付けに苦しむ人に贈る、クセは強いが失敗率が下がる袖付けレシピ一例

ブライスなど、1/6以下のドール服を作る時に「どうやっても袖付けで生地を巻き込んでしまう」とお困りの方の中に、こぺのやり方が合う方もおられると信じて、やや癖の強い袖付け方法を公開します。

先日皆さんからお寄せいただいた質問の中で「ブライス等ドール服を作る時、袖付けで失敗してしまう」「袖付けが難しい」との声を複数いただきました。この質問は店頭でも時々いただきます。
こぺは縫製を全く習っていないため自己流ではありますが、袖付けに悩んだ時期は今お困りの皆様と同じようにありました。その際に偶然試した方法で成功して以降、その方法を採用して今に至ります。
途中までは普通ですが、ミシン工程については服作りに長けた方が見たら「それでやるの?」と思うようなやり方かもしれません。しかし、この方法なら袖に変なひきつりが出ることはかなりの確率で防げます。見頃の縫い代の巻き込みは、角度を変える際に押さえを上げてチェックすることで予防できます。
この機会に袖付けの苦手感から解放される方が一人でも出ることを願っています。

香川県丸亀市にあるブライスショップ、青木写真館ワルソネコです。
趣味でブライスショップを約10年やっており、ドールのためのものづくりと、ドール好きの皆さんとの交流を楽しんでいます。
中の人はたっくす(家具小物担:時々ゲームとラジコン)と、こぺ(縫製担:時々鍵ハモなど楽器とおえかき)の2人です。
We are WARUSONEKO, Blythe Shop & Doll Item Creation Team

blog
http://warusoneko.blog116.fc2.com/

Twitter

Insta
https://www.instagram.com/warusoneko/

Facebook
https://www.facebook.com/waruso.neko?…

ワルソネコYouTube
https://www.youtube.com/user/taxaoki

#ブライス #Blythe #ネオブライス #NeoBlythe #ブライス人形